読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京暮らし 時々旅行

東京暮らしと時々旅行のことを綴ります。

モルディブ新婚旅行 〜リゾートを決めるまで その1〜

さて、モルディブが新婚旅行先かなー?と決まりつつあったところで、情報収集を始めました。

 

・旅行会社検討

・パンフレット集め

 

旅行会社は、ネット検索してみた中で、STWさんとグルービーツアーさんが詳しそう、あとよく利用するHISも見てみよう、という感触ができてきたところで、一旦ストップ。

 

いかんせん、モルディブってこと、1島1リゾートというこた以外、知識が無さ過ぎて何を重要視するのか、とか全く分からず、相談できる状態じゃないなぁと思ったから。

 

基礎知識を得るためにもパンフレット貰ってみよう、ということになり、銀座へ繰り出しました。

 

確か、その日は土曜日で、営業していたHISとSTWさんにパンフレットを頂いて帰宅。

 

ここで貰ったHISさんのパンフレットの冒頭のモルディブ概要ページが秀逸で、一気に理解が進みました!(ciao HISのです。ネットでもデジタルパンフレットが見れるみたい。)

ホント、最初は言葉もわからないですからね〜。

 

モルディブ選びのポイント】

・ビーチorシュノーケル

    景色を眺めてゆっくりしたいのか、シュノーケルで魚がいっぱいがいいか。淡い水色のラグーンと言われる浅瀬が続くフォトジェニックな景色のところには、お魚はあんまりいないのです…。うちは、絶対的にシュノーケル派だったので、シュノーケルに向くリゾートを探すことにしました。

 

シュノーケル関連用語としては、次の2つ。

「ハウスリーフがいい」…お魚がたくさんいるエリア、珊瑚礁がまとまって生息してる状態。

水深はそんなに深くないので、シュノーケル初心者にオススメ。

「ドロップオフ」…珊瑚礁が壁のように海底に連なっていて、水深が深くなるところ。魚群が見れたりする反面、流れが速かったりシュノーケル難易度が上がります。

 

・スピードボートor水上飛行機

   モルディブの首都マーレからリゾートまでの移動手段です。スピードボートで行ける範囲だと、マーレ到着日中にリゾートに到着できます。水上飛行機は日中しか飛ばないので、マーレ到着の翌日にリゾートへ移動することになります。あと、水上飛行機に乗ると、お天気が良ければ、真珠の首飾りと言われる連なる環礁が見られます!

水上飛行機はできれば乗りたい、でもあんまりマーレから遠いと移動が長くて滞在時間減るのは嫌だな〜なんて思ってました。

f:id:aikosdiary:20160625162339j:image

 

・水上コテージor陸上ヴィラ

   これは、説明するまでもないでしょう〜。お部屋の形態です。一度は泊まってみたい水上コテージ!!

ちなみに、水上コテージは蚊や虫の心配がほとんどないそう。一方、陸上コテージは虫対策されてるけど、多少虫が…ということがあるようです。

あと、水上コテージはたいてい島の端のほうにあったりするので、移動距離がやや長くなる傾向にはあると思います。

 

それと、水上コテージの場合、リゾートによって移動手段がいろいろみたいです。バギー(カート)、自転車、ボート。上司は、ボートのみで移動の水上コテージに泊まったことがあるそうですが、プライベート感は高まるものの、いちいち呼ばないといけないから大変だった、と言ってました(笑)

 

…長くなったので一旦ここまで。