読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京暮らし 時々旅行

東京暮らしと時々旅行のことを綴ります。

モルディブ新婚旅行 〜リゾートを決めるまで その3〜

f:id:aikosdiary:20160702163644j:image

希望条件を満たすところをピックアップしたところ、こんな感じになりました。

 

・フォーシーズンズリゾート モルディブ アット ランダー ギラーヴァル

・デュシタニ モルディブ

・ロビンソンクラブ モルディブ

・アミラフシ

 

希望順もこんな感じ。

 

【惹かれたポイント】

■フォーシーズンズ ランダーギラーヴァル

バア環礁

ハウスリースがよくて、ごはんが美味しそう。島のサイズも小さすぎなくていい。

マーレから水上飛行機。

あと、マーレで1泊する際に、もう一つのフォーシーズンズ、クダフラ泊ができるというのがあった!すごく魅力的。(クダフラはマーレからスピードボートなので、マーレ到着日に移動できるのです)

値段が高いのがややネックだけど、フォーシーズンズだし、とっても泊まってみたいリゾート。

 

■デュシタニ モルディブ

バア環礁

タイのリゾート。ハウスリースがとってもよいらしくて、水上コテージからすぐのところでお魚が見れるらしい。

ごはんも美味しいみたい。

フォーシーズンズよりはやや安価。

 

■ロビンソンクラブ

ガーフアリフ環礁(?)

ドイツ資本のリゾートだそう。

ネット検索すると、ハウスリースがよいと出てくる。

ちょっと賑やかな感じなのかな。

マーレから距離がある。

この中では1番リーズナブル。

 

■アミラフシ

バア環礁

比較的新しいリゾート。

インテリアがモダンぽい

 

ここから、メールで問い合わせをかけるのですが、日々仕事が忙しく帰りが遅いこともあり、この時点で旅行会社を絞ることにしました。

 

HISさんはネット検索で値段が出てくるので、ここともう一つ比較するでいいかな、とモルディブ旅行で老舗っぽいSTWさんに問い合わせすることに。 

 

 

モルディブ新婚旅行 〜リゾートを決めるまで その2〜

なんとなく希望が見えてきたので、具体的に探すことにしました。

 

【希望】

・シュノーケルによいリゾート(ハウスリーフがよい、ドロップオフが近いとなお良い。)

・水上コテージに泊まりたい

・新婚旅行なので、雰囲気もある程度重視(賑やかより落ち着いた雰囲気)

・ごはんが美味しい(オールインクルーシブだとなお可)

・できれば8日間(7日間も検討)

・航空会社は問わない(できればシンガポール航空に乗ってみたい)

 

まずは、シュノーケルによい、でだいぶ絞られます。(パンフレットに、リゾートごとの特徴一覧が載ってるので、シュノーケルによい項目にチェックがついてるものをまずピックアップしました)

 

あとは、パンフレットでリゾートごとの特徴を確認しつつ、相場感を見つつ、ネット検索しつつ…と絞っていきました。

 

パンフレットを見たり旅行会社のホームページを見たりする中で、次のような違いがあるようだなーと感じました(あくまでもわたしの私観ですが)。

・旅行会社によって取扱のリゾートが多少異なる。

・同じリゾートでも、旅行会社によってプランが違う(オールインクルーシブがオプションで可能とか)。値段も多少異なる。

・旅行会社によって、飛行機の航空会社の選択肢が違ったりする。(スリランカ航空とシンガポール航空がメジャーみたい。エミレーツキャセイは旅行会社により取扱あり)

・東京発において、どこかモルディブ以外に立ち寄るプランは思ったより少ない。(ドバイシンガポール、香港など、立寄りができないことはないが、個別相談でアレンジしてもらうイメージ。プランとして存在してるのかと思ってたけど違った…)

 

…これまでの旅行は、フリープランのパッケージされたものを選んでることがほとんどだったので、アレンジしてもらうもの、というのがちょっと新鮮でした。

 

…長くなったのでその3に続く。

 

 

 

モルディブ新婚旅行 〜リゾートを決めるまで その1〜

さて、モルディブが新婚旅行先かなー?と決まりつつあったところで、情報収集を始めました。

 

・旅行会社検討

・パンフレット集め

 

旅行会社は、ネット検索してみた中で、STWさんとグルービーツアーさんが詳しそう、あとよく利用するHISも見てみよう、という感触ができてきたところで、一旦ストップ。

 

いかんせん、モルディブってこと、1島1リゾートというこた以外、知識が無さ過ぎて何を重要視するのか、とか全く分からず、相談できる状態じゃないなぁと思ったから。

 

基礎知識を得るためにもパンフレット貰ってみよう、ということになり、銀座へ繰り出しました。

 

確か、その日は土曜日で、営業していたHISとSTWさんにパンフレットを頂いて帰宅。

 

ここで貰ったHISさんのパンフレットの冒頭のモルディブ概要ページが秀逸で、一気に理解が進みました!(ciao HISのです。ネットでもデジタルパンフレットが見れるみたい。)

ホント、最初は言葉もわからないですからね〜。

 

モルディブ選びのポイント】

・ビーチorシュノーケル

    景色を眺めてゆっくりしたいのか、シュノーケルで魚がいっぱいがいいか。淡い水色のラグーンと言われる浅瀬が続くフォトジェニックな景色のところには、お魚はあんまりいないのです…。うちは、絶対的にシュノーケル派だったので、シュノーケルに向くリゾートを探すことにしました。

 

シュノーケル関連用語としては、次の2つ。

「ハウスリーフがいい」…お魚がたくさんいるエリア、珊瑚礁がまとまって生息してる状態。

水深はそんなに深くないので、シュノーケル初心者にオススメ。

「ドロップオフ」…珊瑚礁が壁のように海底に連なっていて、水深が深くなるところ。魚群が見れたりする反面、流れが速かったりシュノーケル難易度が上がります。

 

・スピードボートor水上飛行機

   モルディブの首都マーレからリゾートまでの移動手段です。スピードボートで行ける範囲だと、マーレ到着日中にリゾートに到着できます。水上飛行機は日中しか飛ばないので、マーレ到着の翌日にリゾートへ移動することになります。あと、水上飛行機に乗ると、お天気が良ければ、真珠の首飾りと言われる連なる環礁が見られます!

水上飛行機はできれば乗りたい、でもあんまりマーレから遠いと移動が長くて滞在時間減るのは嫌だな〜なんて思ってました。

f:id:aikosdiary:20160625162339j:image

 

・水上コテージor陸上ヴィラ

   これは、説明するまでもないでしょう〜。お部屋の形態です。一度は泊まってみたい水上コテージ!!

ちなみに、水上コテージは蚊や虫の心配がほとんどないそう。一方、陸上コテージは虫対策されてるけど、多少虫が…ということがあるようです。

あと、水上コテージはたいてい島の端のほうにあったりするので、移動距離がやや長くなる傾向にはあると思います。

 

それと、水上コテージの場合、リゾートによって移動手段がいろいろみたいです。バギー(カート)、自転車、ボート。上司は、ボートのみで移動の水上コテージに泊まったことがあるそうですが、プライベート感は高まるものの、いちいち呼ばないといけないから大変だった、と言ってました(笑)

 

…長くなったので一旦ここまで。

 

 

 

 

モルディブ新婚旅行 〜まずはどこに行く?〜

早速、モルディブに新婚旅行行った時のことを。

…タイトルでモルディブと言っちゃってますが、最初からモルディブと決まってたワケじゃなかったです。

 

うちは結婚式を挙げずに入籍だけして、

写真だけ撮りました。

たまたま時期的に夫婦ともに仕事が忙しくて

6月なら休みが取れるとのことで、入籍後約1年半後に新婚旅行に行くことにしました。

 

なんとなーく、ビーチリゾートかヨーロッパ、っていうざっくりした希望がスタート。

2人とも旅行好きだけど、新婚旅行は絶対ココ!というほどのコダワリは無く…。

 

【新婚旅行先の希望】

・新婚旅行じゃないと行けないような思い出に残る旅行をしたい。
・ビーチリゾートなら、モルディブタヒチ候補。都市ならヨーロッパ、特にイタリアに行きたい。
モルディブタヒチの両方に行ったことがある上司に話を聞くと、ごはんが美味しい&ホスピタリティがあるのはモルディブとのこと。雨季乾季の時期が違うのと、海の色がグリーンかブルーが違うそう。

・ビーチリゾートなら水上コテージに泊まりたい。
・若いうちに行くならビーチリゾート?!という話になる(体力面。なんとなく)。休みが取れる6月はモルディブは雨季だけど、ごはんは重要視したくて、モルディブに気持ちが傾く。
※旅行会社出身の元上司からはヨーロッパは子供いないうちに行くといいとオススメされました。子供は街歩きに興味ないから、と。…納得。

 

…と、そんなこんなで、モルディブ一歩リード?!という感じで情報集めと検討が始まります。

f:id:aikosdiary:20160624180120j:image

 

ごあいさつ

東京在住の30代後半のnariといいます。

30代半ばで結婚して旦那と2人暮らし、共働き。

 

大学生ぶりにblogをやってみようと思って作ってみました。

 

ずっとblogを読むのもネット検索も大好きで、生活や旅行の参考にさせてもらってます。

つい先日新婚旅行に行ったのですが、色んな方々のblogや旅行記といった情報が凄く参考になったので、誰かの参考になればなぁ、と。

 

ゆるゆると更新したいな。